あたしン「ぢ」見にきたん?>>

【アラサー女子必見!】不調一発解決の鍵は連鎖を断ち切ること!

生きる

俗に言われる「アラサー」に突入した途端、以前は感じたことがなかった様々なからだの変化に戸惑ったことはありませんか?この記事でアラサーの方は不調解決のヒントに、これからアラサーを迎える方は今後の参考にしてみてください!

あなただけじゃない!アラサーになってからの不調

しらたまん
しらたまん

アラサー世代突入した時から不調の嵐が襲ってきて、これは私だけのこと…?と心配になったのでTwitterで世の中のアラサー女子の声を調べてみました!

しらたまん
しらたまん

私もアラサーになってから生理痛が変化し、生理前は必ず胃が痛くなります…

しらたまん
しらたまん

しらたまんの土曜日のスケジュールは皮膚科、婦人科、呼吸器内科、歯医者、病院巡りでっす☆

しらたまん
しらたまん

一年前に通用していたダイエット方が歯も立たず、ある意味強靭な肉体を手に入れました!

しらたまん
しらたまん

白髪は一部に固まってあるので、抜いたら5円ハゲになっちゃうから抜けない!

しらたまん
しらたまん

私もアラサーから偏頭痛デビューしました…

しらたまん
しらたまん

徹夜どころか、日付変わる前に寝ないと次の日が辛すぎる!20代は週一でカラオケオールパーリーピーポーしてたのに!!

みなさん、激しく同意させてください。(真顔)

頭脳は子供!体はBBA!(逆コナン状態)

いつの間にか忍び寄る黒服(不調)たち…

アラサーって女性として体が安定して落ち着いてくると思っていたんだけど、

まさかの「不調のデパート(舞の海?)の嵐。

しらたまん
しらたまん

工藤新一が飲んだ薬くれ!!

不調の原因となること

シワになるからとりあえずスーツ脱ご

「加齢」(アラサーNGワード)

と言われたらそこまでですが

不調には必ず根源となる原因があるはず!

思い当たることがあるかチェックしましょう!

環境の変化によるストレス

THE万病の元、ストレス!!

特にアラサーはストレスだらけ。

結婚、出産ラッシュは大体20代半ばから30代前半

=アラサー世代

大きな環境の変化って超ストレス。

え?私は幸せだからストレスなんかない?

そういう人が危ない。

知らず知らずに溜まってるもんよ。

自覚がないのはやばい!

自覚なしのメンヘラくらいやばい!

キャリアウーマンも責任あるポジションになる年齢!

え?やりがいがあるからストレスなんかない?

プレッシャー感じてないのかな。

すごい強いんですね、かっこいい(╹◡╹)

なんて言うとでも思ったか!

何度も言うが自覚ないのはやばい!

周りに迷惑かけてるのに不倫関係に酔ってる人くらいやばい!

【ストレスが原因で起こる主な症状例】

  • 怒ったり、泣いたり情緒不安定
  • 胃腸の調子が悪い
  • 生理不順
  • 体の広い範囲にブツブツができる

ストレスから「自律神経失調症」になる人もいます。

自律神経はバランスを保ちながら心身の健康を守っています。

これが乱れると心身ともにさまざまな不調がでてきます。

しらたまん
しらたまん

そういえば、離婚前に謎のブツブツが身体中にあったけど、あれもストレスだったんだなぁ〜。治ってよかった〜(無事別れた)

運動不足と姿勢の悪さ

世の中便利になった代償がここに集結。

問)目の前に階段とエスカレーターがあります。

あなたはどちr…

答)エスカレーター(食い気味)

階段使える人尊敬。拝む。

そしてスマホやPCの復旧による

長時間同じ姿勢問題。

血流が悪くなったり、

猫背になって内臓の位置が下がったり、

内臓の位置が下がると下っ腹がぽっこり。

私の説明してるんかっていうくらい当てはまってる(悲)

【運動不足や姿勢の悪さが原因の症状例】

  • 下っ腹ぽっこり
  • 末端冷え性、足の浮腫み
  • 頭痛、目の疲れ、肩こり、首こり、背中も痛い!
  • 便秘

まさに現代病とも言える運動不足や姿勢の悪さ。アラサーだけでなく、小学生でも肩こりがあるとか!スマホやPCは手放せない存在ですが、それで健康を害しては元も子もない!

しらたまん
しらたまん

もはやきれいな姿勢を保つ筋肉がない…姿勢の良い人って本当に尊敬します!!

女性ホルモンバランスの乱れ

本来ならアラサー世代は絶好調のはずの女性ホルモン。

一般的には40代〜50代から更年期障害が出始めます。

しかし!

最近は更年期障害が若年化しているそう!(最悪)

原因はさっき紹介したストレス、運動不足による女性ホルモンの乱れ。

思い当たるものしかないのが切ない。

【女性ホルモンの乱れが原因の症状例】
  • 生理痛、月経前症候群(PMS)の症状がひどい
  • めまい、ほてり
  • 白髪や抜け毛が増えた
  • 眠れない

月経前症候群(PMS)

感情のコントロールが難しくなったり、肌が荒れたり、生理前に起こるからだや心の不調を指します。

女性ホルモンの乱れによって起こる症状は「自律神経失調症」とも似ています。

しらたまん
しらたまん

このPMSって奴は、人によって症状が違うから厄介なんだよねぇ〜…

解決法ってあるの?

自信満々
しらたまん
しらたまん

心当たりある原因ばかりだけど、どこから手をつけていいのやら…

変わりたい!

と思いつつも何も変わらない日々を過ごすのがアラサー(偏見)

でも変わりたい…

できるだけ楽に…お金がかからずに…

そんなあなたのために

ズボラ女子代表しらたまんが解決法を提案します!

「不調の連鎖」を断ち切る!

もうお気付きの通り、

不調って連鎖してますよね。

例)運動不足⇨女性ホルモンの乱れ⇨やる気出ない⇨運動しない⇨肥満⇨生活習慣病⇨無限ループ

こんなイメージ。

さらに細かい症状も枝分けれ状になります。

なかなか大変だった

身体中に巡っている血管のように、不調も枝分かれして身体中に巡ります。

一つの原因から枝分かれになっていく図

まさにこんな感じで私は痔になり手術しました…

逆にいうと

1つでも症状がなくなれば、一石三鳥くらいいっぺんに不調を解決できる可能性があるということです!

画期的!しらたまん天才!

生活を邪魔しない程度のおすすめ改善法

豚キャワ
しらたまん
しらたまん

こういう改善法見ても、色々ありすぎて三日坊主どころか一日坊主なんだよね…。やり慣れないことはすぐやり方忘れちゃうし!

と、私みたいな人は色々手をつけるから続かない。

なので無理なくできることを1つだけやりましょう。

思いっきりハードルを下げて週間にするのが続けるコツ。

おすすめ改善法その①大股歩き

運動不足ってわかっててもいきなり運動なんかできません。

やりません、続きません。(断言)

ならば歩く機会がある時に、

いかに運動量をあげる歩きにするかをやってみましょう。

  1. いつもより大股で歩く
  2. 余裕があればお腹に力を入れる
  3. 更に余裕があれば早歩きする

大股で歩くことは、下半身の筋肉が頑張らざるを得ないんだそう!

さらに大股で歩こうとすると自然に背筋が伸びる。

背筋が伸びると呼吸も深くできます。

腕を振らなきゃ大股で歩けないので上半身も連動して動けます

わざわざ新しい時間を設けずとも

通勤や買い物のついでにできる!

運動量アップ!

※ヒールのある靴の場合は足を痛めやすくなるのでスニーカーなどの歩きやすい靴でお試しください。

おすすめ改善法その②一人なりきりライブ

これは一人暮らしである程度の壁の厚さのお家に住んでる人限定です。

  1. お気に入りのアーティストの音楽やYoutubeを流す
  2. アーティストになりきって歌う
  3. 歌いながら踊る(ダンスはオリジナルで。リズムとるだけでもいい)

ストレス発散と運動不足に効果的!

ポイントは「歌いながら踊る」こと!

効率のいい運動のコツは「呼吸を止めないこと」なので

歌うことで自然と呼吸します。

「腹式呼吸」を意識するとさらに効果アップ。

踊ることで新陳代謝アップ!

これで汗がかけたらこっちのもん!

楽しいから続けやすい♪

※これを誰かに見られた時のストレスはハンパないので環境は万全にしましょう。

おすすめ改善法その③命の母ホワイトを飲む

しらたまん
しらたまん

いやいやいや!まだ命の母飲む年齢じゃないし!お母さんが飲んでたし!

一般的に知られている「命の母」は更年期に効くんですが、こちらの「命の母ホワイト」は女性ホルモンのバランスを整えて、生理痛やPMSを和らげる効果があります。

なので対象年齢はドンピシャで「アラサー」なんです!

市販の鎮痛剤を飲むよりも、胃にも優しいのが嬉しいですね!

まとめ

いい笑顔です

いかがでしたか?

もちろん自分ではどうしようもない症状の時は病院に行くのが最善ですので、不調を我慢しないで自分を大切にしてくださいね!

↓他の健康第一の村に行ってみる

にほんブログ村 健康ブログ 30代の健康へ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました